内容証明を使う場面として、まずは「消滅時効の援用」が考えられます。

消費者金融会社からお金を借りていたけど、最後に取引してから5年以上返済していないし(もちろん借りてもいない)、裁判もされていない。請求書は来ていたけど、特に連絡を取ったりして支払う約束などをしたこともない。というのであれば、消滅時効を援用できる可能性があります。

民事の時効は時効の期間が経過していたとしても「時効制度を使います(「援用」といいます)」と相手に伝えないと時効にはならないので、消滅時効を使いたい場合は「消滅時効を援用します」と相手に伝えることになります。「時効の援用は電話でもOK」とネットの匿名Q&A掲示版などでは書いてあったりします。たしかに、法律上は口頭でも援用できるのですが、録音でもしていない限り、証拠は残りませんし、電話で余計なことを話してしまい、債務の承認(時効を援用しないで支払いますってことです)になってしまっては元も子もありません。

そういったことを考えれば、内容証明郵便で相手方に伝えた方が間違いないでしょう。裁判等をされていると時効は判決確定から10年といった感じで時効期間が延びます。また、お金を借りた相手が知人・友人といった場合(ビジネスではないお金の貸し借り)ですと、時効期間は裁判等をされてなくても10年になっています。


ご相談予約・お問い合わせ先
「たいよう総合事務所」 今野(こんの)まで

電 話 0178-45-3389

メール ココをクリック