ずーっと前に借りて、事情があって払えなくなってしまった。その後、何年も経ってから、請求が来ることがあります。

慌てて支払ったり、相手に連絡するようなことはしないでください。最終取引日から5年以上経過していたり(この間、裁判等されていないし連絡も来てなかった)、仮に以前に裁判手続きをされていても判決確定等から10年以上経過して、その後支払っていない、差押えとかもされていないというのであれば、消滅時効が使えるかもしれません。

刑事事件の時効と違って、お金の貸し借りの時効は債務者本人が「消滅時効を使うよ(消滅時効の援用といいます)」と相手に伝えないといけません。もちろん、電話でも成立しますが、「言った」「言わない」というようなことになりますので、内容証明郵便で出すのが一般的です。

また、貸金業者が弁護士の先生に債権回収を依頼していることがありますが(この場合、弁護士の先生から請求書が来ます)、弁護士の先生に債権回収を依頼していても、消滅時効の効力が消えるわけではありませんので、消滅時効を援用することができます。

さらに、時効状態でも裁判手続できますので、訴訟や支払督促を起こしてくる会社もあります。特に債権回収会社に依頼している貸金業者は債権回収会社が裁判手続を時効状態であっても使ってきます。答弁書や異議申立書などできちっと消滅時効を援用すれば問題ございません。慌てて相手に連絡しないで、専門家にご相談ください。

ご相談予約・お問い合わせ先
「たいよう総合事務所」 今野(こんの)まで

電 話 0178-45-3389

メール ココをクリック