裁判所から【特別送達】という書留のような方法で「訴状」「支払督促」というタイトルの書類が届いたら、無視してはいけません。それは本当に裁判を起こされています。

「答弁書」や「異議申立書」を提出して、反論をしないと負けてしまいます。提出期限がありますので、裁判所から書類が届いたら、すぐに専門家に相談してください。

ただ、最近は、紛らわしい名前で送ってくる架空請求業者もいるかもしれませんので、変だなと思ったら、すぐに専門家にご相談ください!

ご相談予約・お問い合わせ先
「たいよう総合事務所」 今野(こんの)まで

電 話 0178-45-3389

メール ココをクリック