【遺言・相続・裁判・内容証明】司法書士・行政書士 今野智喜|青森 八戸

青森県八戸市の司法書士・行政書士です。「たいよう総合事務所」で開業しております。裁判手続(民事裁判、少額訴訟・支払督促、調停など)、相続登記、内容証明、遺言などのお手伝いをしております。弁護士や税理士などとの共同事務所です。

カテゴリ: 裁判手続

裁判所から訴状や支払督促が来た場合には答弁書・異議申立書で反論しないと負けてしまうことは前に書きました。

答弁書や異議申立書は訴状や支払督促といっしょに裁判所の雛型が送られてくるのですが、この雛型には注意が必要です。

特に、支払督促に対する異議申立書の雛型の最後には「分割和解希望」と書く欄が作られていることが多く、ここに「分割和解希望」と書いてしまうと、消滅時効で消えていたかもしれない借金を認めたことになり、時効が使えなくなってしまう可能性が高くなります。

もちろん、時効かどうかはお話を聞かないとわかりませんが・・・。

ですから、雛型が入っていたとしても、裁判所に提出する前に専門家に相談しましょう。

裁判所から【特別送達】という書留のような方法で「訴状」「支払督促」というタイトルの書類が届いたら、無視してはいけません。それは本当に裁判を起こされています。

「答弁書」や「異議申立書」を提出して、反論をしないと負けてしまいます。提出期限がありますので、裁判所から書類が届いたら、すぐに専門家に相談してください。

ただ、最近は、紛らわしい名前で送ってくる架空請求業者もいるかもしれませんので、変だなと思ったら、すぐに専門家にご相談ください!


↑このページのトップヘ