【裁判】【内容証明】【遺言】 司法書士・行政書士 今野智喜 / 八戸 青森

青森県八戸市の司法書士・行政書士です。「たいよう総合事務所」で開業しております。相続登記、遺言、裁判所手続(民事裁判・少額訴訟・支払督促・民事調停・家事調停など)、内容証明などのお手伝いをしております。弁護士や税理士などとの総合事務所です。

青森県八戸市の司法書士・行政書士の今野(こんの)です。「たいよう総合事務所」の中におります。簡裁民事法律相談、書類作成相談、相続、内容証明、遺言、裁判手続(民事裁判、少額訴訟、支払督促、民事調停、家事調停など)のお手伝いをしております。お気軽にご相談ください。弁護士や税理士などとの共同事務所です。

業務案内サイト http://taiyokonno.wixsite.com/hachinohe

カテゴリ: 答弁書・異議申立書

消滅時効状態になっている債権でも請求訴訟や支払督促を起こすことができます(貸金業者や債権回収株式会社が原告となって起こす貸金請求訴訟が多いですが・・・)。

ここで注意しなければならないのが、裁判所所定の答弁書や異議申立書(支払督促手続きの時)が入っているのですが、書き方の説明書に「分割払い」についてのことが載っていたり、異議申立書に至っては「分割和解を希望する」と異議申立書そのものに書いてあったり(希望するなら「レ」を入れる形式)するのです。以前にも書いている話ではありますが。

消滅時効はこちらから「時効を使うよ!」と言わないと成立しない制度なので、答弁書や異議申立書に消滅時効を援用するということをしっかりと書かないと負けてしまいます(分割和解を希望してしまえば支払うことになりますし、古い話だから知らん!といって放置すると欠席裁判で負けます)。

去年の後半から、こういった相談が増えてきたのはブログに書いてきたとおりです。ただの請求書なら「時間があるときに相談しよう」で問題ありませんが、裁判所の手続(訴訟や支払督促)の場合は放置できません。提出期限があるからです。放置すれば負けます(負ければ消えるはずだった借金が復活するということになります)。

裁判所からの書類を受け取ったら、すぐに弁護士・司法書士に相談しましょう(別に私でなくても出なくても良いので!)

裁判所から【特別送達】という書留のような方法で「訴状」「支払督促」というタイトルの書類が届いたら、無視してはいけません。それは本当に裁判を起こされています。

「答弁書」や「異議申立書」を提出して、反論をしないと負けてしまいます。提出期限がありますので、裁判所から書類が届いたら、すぐに専門家に相談してください。

ただ、最近は、紛らわしい名前で送ってくる架空請求業者もいるかもしれませんので、変だなと思ったら、すぐに専門家にご相談ください!

ご相談予約・お問い合わせ先
「たいよう総合事務所」 今野(こんの)まで

電 話 0178-45-3389

★メールアドレスのリンクが間違っておりました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。現在は正しいメールアドレスに修正しております。

メール ココをクリック

↑このページのトップヘ